トップイメージ
借り入れの引き落しに関してよく活用されてるのがリボ払という方式です。今日では一括払いをなくしリボルディング払いしかない会社もあったりします。なぜかというと、一括引き落しの利息では会社の利益が芳しくないからで、リボにしておいて利益率を上げるという目的なんです。加えて利用者にとってもリボルディング支払いにする方が直観的にわかりやすく、無理がなく支払い可能なので使いやすい人もたくさんいるのです。ところが、これが却って使いすぎてしまうといった事態になってしまうことがあります。初めて借入をしようと考えたときはみんなけっこう考えるものだと思います。それはそうです。キャッシングというものは債務者になることになりますので誰かにお金を借りるというのは心情的に嫌われます。とはいっても、1度でも経験してしまいますと簡単さからタカをくくってしまうので限度までお金を借入してしまうといった方が多いのも事実です。さらに数ヶ月間支払って、また枠が空いたという場合に再度キャッシングしてしまう。これがカードローンの厄介な点です。リボ払いは特性上、なかなか借入が減少していかなかったりします。したがって前述のような行為を繰り返すと、延々と引き落ししなければならなくなってしまうのです。そうならないようにするために確実に使用する額しかキャッシングしないという強靭な決意と計画的な思考が必要です。こうした場面で気にかかるのが万が一限度額まで使ってしまったらどうなってしまうのかですが作ってもらったカードの利用限度額は、その使用者に個別に設定された上限枠なので、何かの拍子に利用限度額一杯まで使ってしまっても、支払がしっかりとされていれば口座が使えなくなるというようなことはないです。ポイントのようなものが加算されていくようなカードであれば利用した分ポイント等が付加されていきます。会社にとってみると素晴らしい利用者ということになるわけなのです。反面、支払が何度か遅れるようになると、与信が悪化します。悪くするとカードの停止措置などの制裁が加えられるケースもあります。口座が利用できなくなったとしても完済まで支払い続ける義務があります。

リンク

Copyright © 1998 www.complexe-phare.com All Rights Reserved.