トップイメージ
キャッシングサービスについての返済方式はローン会社各個でへだたりがあっていろんな手法が取り入れられています。基本的には残高スライド方式やリボ払い方法がとられているみたいです。またかかる誰しもがわかっているリボルディングですが、本当を言えば勘定様式には多様な方式といったものがあったりします。よってそういう法に応じて支払額が変わってしまうのですから理解していて損なことはないでしょう。理解しやすくこの2つのやり方の違いについてを説明していきましょう。はじめは元金均等払いで、二つめは元利均等払いというものです。それぞれその名を冠する通り、元金に関して均等にして返済していくのと元本と金利についてをつごうで均一に払っていく方法になります。今回は10万円をカードキャッシングしたというように、具体的にどのような算定をしていくのかやってみます。利息については双方とも15%として試算します。リボルディング払いに関する支払は1万円として計算します。取りあえず元金均等払いからいきましょう。こうした時の1回目の引き落しについては1万円に対して利率分1250円を合計した支払になります。次の支払は1万円に対して利息分の1125円を加えた返済額となるのです。このようにして10回分で支払を終わらせると言う方式になります。一方で元利均等払いというものは1回目の引き落しに関しては1万円ですが元本へ8750円、利息に1250円という感じで割り振ります。次回の返済に関しては元金が8750円に減少した状態にて利率を算定してその1万円をまた割り振るのです。換言すれば元利均等払いの場合は10回で支払が終了しないという算出になったりします。たったこれだけの違いで両方がどれぐらい相異なっているかが十分に分かって頂けたことでしょう。元利均等とは元金均等に比べて、はっきりと元本が減るのが遅延しているというような弱点というものがあったりします。言い換えれば利子を多く支出するというような状態になってしまうのです。他方1度目の支払いが少なくて落ち着くという強みも存在するのです。かくのごとき返済形式に関する違いに呼応して返済トータルというのが違ってきますからご自身の返済計画に合った使用法を採用するようにしてみてください。

リンク

Copyright © 1998 www.complexe-phare.com All Rights Reserved.