トップイメージ
カードキャッシングといったものをしましたら、毎月指定期日、銀行口座から自動引き落としにて返済がなされていくようになっています。ラジオの告知でATMなどから随時支払いが可能であると言われていますがそれというのは毎月の支払とは別口で弁済するケースのことを言っているのです。そのものを、前倒し支払と呼び、総額に関して返済弁済を総額前倒し弁済、一部分を弁済してしまう支払を一部繰上支払と呼称します。これは一時的収入などのもので現金に余地というのがある時は、現金自動支払機からや振込等により、一部もしくは総額について支払するということが出来るのです。そしてこのような内容以外にも繰上引き落しには利益というのが多くあって、デメリットというのはありません。これの利点とは、別途によって弁済する事によって、元本全体に関して低減するということをできますので支払期間が少なくなったりしますので、金利も節減でき返済トータル自体を縮小でき、一石二鳥の支払方式なのです。しかし注意したいのはどんなとき繰り上げ引き落しするかという点です。金融機関は支払い期間と別の〆め日がというようなものがあるのです。仮に月の真ん中が〆で来月10日の引き落しだと仮定しましたら月中以降については次の月の利息といったものを含めた支払額に確定してしまったりします。説明すると、15日以後繰上支払したという場合でも、明くる月分の支払金額が確定していますので、そういったスパンで前倒し返済したような場合でも次の月の支払金額にはいささかも効果をしないのです。よって繰り上げ支払というようなものが即座に作用を表象するようにするためには返済期限の次の日から次の〆め日の来る前までの間に前倒し返済してしまう必要があります。もっとも、そのようなケースの金利の差引というのは極めて少額です。そのくらい念頭にないと言った人は、適時任意に繰上弁済していきましょう。だけどちょっとでも節約しようと希望する方は引き落し期限から〆までの期間に繰上支払いした方がよいと思います。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.complexe-phare.com All Rights Reserved.