トップイメージ

愛車を処分するといっても高値で車をお金にしようと考えるのならば何点かの注意を払うべき点があるんです。

中古車売却の問い合わせは時間がかかるので、ほとんどの場合一回だけ依頼して決定してしまうことが多いと思いますが、他の業者に中古車下取り金額を算出してもらって競合させることによって、車買い取り価格は上振れます。

数多くの買取業者に売却額査定に出すことであらかじめ出た見積額以上の高額の査定が出るのはほぼ間違いないと思います。

これは実際中古車を中古車買い取り専門業者に売買をする時も重視される見積査定の大切な留意点です。

多少でも無駄なく手放すことを考えれば、気を付けるべきことがあるんです。

どんなものがあるかというと、まず、車検です。

周知の通り車検には費用が必要ですので車検時期までの残り期間が長いほど査定額は大きくなると勘違いすると思いますがそういったことはなく実際は車検直前でも直後でも車の買取査定にはほとんど関係がありません。

これはちょっとしてみるとすごくわかります。

車検時期が近付いてきた車は売り時としてもいいタイミングということになります。

逆に査定を高額にするために、車検の後に見積もりしてもらおうと考えるのはお金と手間がかかるだけで、査定に響かないということになります。

それから業者に自動車を売る時期としては2月と8月が狙い目です。

と言いますのも自動車買取業者の決算の時期が3月と9月というところが結構多いからです。

ですから、例えば1月に売るよりはもう少し待って2月に自動車の見積もりを専門店にしてもらって売却するのも手です。

自分の都合も都合もあるので、一概にこういったタイミングで売るというわけにもいかないでしょうけれども、可能ならばこういったタイミングを狙ってみると良い結果になりやすいと思います。

その他に走行距離です。

走行距離というのは車の査定でも重要な基準となる指標のひとつなのです。

どの程度の走行距離で売却するとよいかという話ですが、中古車の査定に影響するラインは5万キロという説が有力ですから、そこをオーバーするより前に売却額査定をしてもらって売却するのが望ましいです。

メーターが40000kmと60000qでは一般的に、査定対象車の買取金額は評価が異なるはずです。

さらに自動車の種類やクラスは勿論ですが、車の色や走行距離などによっても車両の査定金額は異なります。

より根本のところを良くして中古車の買取査定に出すようにしましょう。

傷や汚れです。

内装を磨いて車内を清潔にしておけば愛情をかけて乗っていたと判断してくれます。

ドアノブ周りの細かな傷は店で数千円で買うことができるコンパウンドで直せますし、車内は普通の掃除用品できれいにできます。

そのひと手間だけでも自分の車に評価を反映した見積金額をつけてくれる確率が高くなります。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.complexe-phare.com All Rights Reserved.