トップイメージ

自己破産手続きの際に借金にあたってほかに保証人が存在するときには事前にきちんと相談をしておくべきです。格安スマホに移行するためのMVNO選択

さらに、強調しておきますが、借金に保証人が存在するときは破産宣告以前にちょっと考えた方がいいでしょう。ロスミンローヤル 効果 なし

なぜならば今あなたが破産手続きを出して免除されるとその人たちがみなさんの借り入れをいっさいがっさい果たすことになってしまうからです。

ということから、破産申告の前段階に保証人になってくれた人にそれらの内容や現状について報告し謝罪をしなくてはならないでしょう。

これらはあなたの保証人の立場で考えると当然のことです。

借金をしたあなたが破産の申告をするのが原因で結果的に高額の債務が生じてしまうわけです。

そうなるとすれば、以後の保証人となる人の選ぶ道は4つになります。

一つめは、保証人となる人が「すべて返金する」ということです。

その保証人がいきなりお金をポンと返せるというようなカネを用意しているならば、この手段が選択できます。

でもむしろ、自分で自己破産せずに保証人自身に立て替えてもらってこれからはその保証人に定期的に返していくという方法も取れると思われます。

保証人がもしあなた自身と関係が親しいのなら、いくらかは返金期間を延期してもらうこともできないこともないかもしれません。

いっぽうでまとめて返済できなくても貸方も分割払いに応じるものです。

その保証人にも破産申告を実行されると債権がすべて弁済されないことになるからです。

保証人がもし保証した借金を全額払う財力がなければ、あなた自身とまた同じように何らかの方法による負債の整理を選択することが必要です。

2つめが「任意整理」による処理です。

この方法を取る場合相手方と相談する方法によりだいたい5年ほどの年月で弁済する形になります。

実際に弁護士事務所に依頼するときのかかる費用は債権1件につきおよそ4万円。

全部で7社から契約があれば約28万円かかることになります。

債権者との示談を自ら行うこともできますが、法律の経験と知識がない素人だと向こうがあなたにとっては不利な内容を押してくるので、注意しなければなりません。

それと、任意整理をする場合はあなたの保証人に借金を払ってもらうことになるわけですから、借りた人はちょっとずつでもあなたの保証人に返していく義務があるでしょう。

3つめはあなたの保証人も返済できなくなった人と同様「破産手続きをする」場合です。

あなたの保証人も返済できなくなった人と同じように破産申告すれば保証人となっている人の責任も帳消しになります。

ただその場合は、その保証人が土地建物等を所有しているならば該当する個人財産を失ってしまいますし、税理士等の職務にあるならば影響があります。

個人再生という制度を検討することができます。

最後に4つめの手段は「個人再生をする」こともできます。

マンション等の不動産を残したまま整理を望む場合や、破産申し立てでは制限がかかる職についている場合に選択できるのが個人再生制度です。

個人再生なら自分の住宅は残せますし、破産手続きのような職業の制限資格に影響を与える制限が何もかかりません。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.complexe-phare.com All Rights Reserved.