トップイメージ

車を売る時、中古車の下取り時も印鑑証明という書類がなければなりません。戦乱プリンセスG

この印鑑証明について説明しましょう。澄肌美白

印鑑証明という書類は、実印であるということを裏付けるための正式な書類です。

印鑑証明書がないのであれば、使っている印鑑が実印として効力を持つかどうかがわかりません。

高額な商談になる該当する車の売却なので、実印が必要になりますがその際に印鑑証明というものが登場します。

印鑑証明という書類を交付してもらうには、事前に印鑑証明しなければなりません。

印鑑証明に登録するはんこは普通、実印と呼ばれ世界で唯一のハンコであることが条件です。

実印を持って近所の役場に行くことで印鑑登録できます。

手続きが済むと、印鑑登録カードがもらえて登録したはんこは実印として認められたということになります。

印鑑証明書を交付してもらうためには役場へ行き専用の用紙に必要事項を記入して、印鑑登録カードを提示するだけです。

さらに自動交付機で印鑑証明の書類を交付する事が可能です。

印鑑証明には期限切れなどはないのです。

なので、どんなに前の印鑑証明でも証明書としての効力は持続するのです。

ですが、クルマ売却の際には、効力のある印鑑証明は現在より3ヶ月以内に交付されたものが有効とされています。

ほとんどのケースで有効期限などはないのですが、車両の買取の際には、相手側が必須となる有効期限を決めているので仮に自動車の売却の予定があるとしたら、買い取り前に持っておくとよいでしょう。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.complexe-phare.com All Rights Reserved.